トイレの水漏れはなぜ起こる

トイレの水漏れはなぜ起こる トイレといえば、人の生活に必要なものの1つです。ですから、トイレ関連のトラブルというのは起こってしまうと誰しもが困ってしまいます。そんなトイレ関連のトラブルとして挙げられるものの1つが水漏れです。何気なく、いつもと同じようにトイレを使用しただけなのに水が漏れるトラブルが発生してしまったら、誰もがびっくりしたり戸惑ってしまうでしょう。
また、溢れ出る水にどう対処したら良いのか分からずに困ってしまう場合もあるのではないでしょうか。ですが、ちゃんと対処していかなければ出てくる水の量は増えていきますし、床が水浸しになればさらに被害は広がっていくでしょう。そうならないためにも、まずはトイレの水漏れの原因をチェックしてみましょう。

■排水管、給水管などから

まず、最初に紹介するトイレの水漏れ原因の1つ目が、排水管や給水管などパイプから水漏れが起こっているというパターンです。トイレは水を使用する場所ですから、排水管や給水管など水の通り道になるパイプがいくつかあります。そのパイプの中を水が通るわけですから、そのパイプに異常があれば水漏れを起こすということです。
長年使用していれば、パイプ本体の劣化はもちろん周辺の部品などが劣化することで、水漏れしてしまうことがあります。また、パイプの接合部にあるバルブやナットなどの部品が緩んでいたりしても水漏れが起こってしまいます。部品の緩みが原因となっている場合は、きちんと締めなおせば状態が改善されるでしょう。

■タンクが原因の水漏れ
トイレといえば、タンクがあるのが一般的です。タンク内も水がありますから、十分に水漏れの原因となりうる箇所です。タンクが水漏れの原因となっている場合、理由は大きく分けて2つあります。まずは、タンクの中にある水があふれてしまうというケースです。そして、もう1つがタンクとつながっているパイプから水漏れを起こしているというものです。タンクの中の水があふれてしまう場合は、給水管が開きすぎているためにタンク貯水量を越えてしまって水漏れを起こします。
また、パイプが直接的な原因になっているという場合は、先ほど紹介した通りパイプやその周辺の劣化や部品の緩みによって引き起こされていることが主です。タンクから水漏れが起こっていたら、パイプ付近の部分をチェックして、原因を探ってみましょう。

■便器本体とウォシュレット

そして、最後にご紹介するのが便器本体やウォシュレットなどが原因でトイレの水漏れが起きてしまうケースです。まず、便器本体が原因という場合は、便器自体にヒビがはいっていたり、便器に結露が起こって水滴が原因になっているというケースです。便器にヒビが入っている場合、便器自体をど交換する必要があるでしょう。
また、結露が原因の場合は、水滴を発生させないために温度差をできるだけ少なくするなどしなければいけません。ウォシュレット 水漏れを起こすという場合は、水洗ノズルや給水パイプ、貯水タンク、接続部分などから水が漏れている可能性が非常に高いです。どこから水が漏れているのか、しっかり確認をしなければ対処することはできませんから、しっかりと確認しましょう。

■まとめ
トイレ 水漏れを起こしてしまう場合の原因を紹介しました。色々な原因があるので、冷静に確認していかなければ、どこから水漏れを起こしているのかは、分かりにくいことが多いです。原因は多くありますが、ご紹介した内容をしっかりと頭に入れておけば1つ1つ確認していくことで、自分でも水漏れを起こしている箇所を見つけることはできるでしょう。できるだけ、迅速に対処法をとったり修理を依頼することが大切なので、直ちに水漏れ箇所を見つけ出し、水漏れを解消するための行動をとっていきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース